税理士をつけないリスク

会社設立に際して、税理士の働きは大きなものですが、もし税理士に依頼しなかった場合はどうなるのでしょう。会社設立には、膨大な書類と手続きが必要ですが、これらをどうにか個人で行い、会社設立にこぎつけたとしても、問題はその後にやってくるのです。

税理士に依頼しないことで起こる最大のトラブルは、申告を忘れることでしょう。会社は、赤字決算でも申告が必要とされますし、申告の期限を知らない個人経営者も多くいるのです。また、確定申告以外にも帳簿の作成も重要です。税務調査が入った場合、決算書や請求書、領収書などの帳簿や書類が必要です。これを怠っていると、課税仕入れなどが認められない恐れもあるのです。

確定申告は、青色申告であることがほとんどです。青色申告でない会社は税務署から目を付けられます。それは、会社としての信用がないということにもなりますので、取引において支障をきたすこともあるのです。青色申告のメリットとしては、赤字を繰り越せるということがあります。青色申告をするためにも、税理士の力を借りることをおすすめします。他にも消費税の届け出や節税など、会社の運営のいたるところで税理士は必要なのです。会社設立は必ず税理士に依頼しましょう。


税理士の選び方

会社の設立には、税理士の存在が大きいのですが、税理士なら誰でもいいというわけではありません。そもそも税理士の仕事自体まったく分かっていない人が多いわけですから、どういった基準で税理士を選べばいいのかも分からないはずです。

まず、最初の印象が大切です。税理士は「先生」と呼ばれる職業です。こういった職業の人の中には、横柄な態度で接してくる人がいます。こういった上の立場からものを言ってくるタイプの人は、避けるのが無難です。いくら税理士であっても、サービス業としての一面があります。言葉遣いや料金体制の説明など、顧客目線を持っている税理士を選びましょう。

税理士と聞けば、やはり節税を連想してしまいます。ただ、税理士の中には節税に関して、消極的な人もいるのです。税理士の仕事は、正しい納税の手助けです。節税を進めてくる税理士は少ないのが現状でしょう。ただ、顧客目線を持つ税理士であれば、節税が顧客満足に繋がることを知っているため、節税にも積極的に取り組んでくれるのです。また、税理士に対しての不満で最も多いのが、レスポンスです。対応が早いか遅いかは大きな選択基準となります。見積書のスピードなどで判断してください。このように、よい税理士を選ぶことは、会社設立には不可欠なことなのです。


会社設立の手続き

独立して会社を設立する際、まず必要なことは書類の作成や資料集め、そして手続きなどとなります。これはもちろん個人でもできます。個人での手続きのメリットとしては、コスト面でしょう。ただし、時間や手間のことを考えると、このコスト面でのメリットもあまり大きなものとは言えなくなってしまいます。

会社設立にあたっては、やはり専門家に依頼するのが賢い選択です。会社設立には、膨大な書類や手続きがあり、個人で行うにはかなりの負担が生じます。さらに、必要書類が足りなかったり、手続きができていなかったりというトラブルも考えられます。

会社設立の流れと手続きとしては、まず事業計画書の作成があります。そして資金調達です。この2点はとても重要なものです。ここで税理士のサポートが受けられることで、資金の融資も下りやすくなりますし、この後の手続きもスムーズに進むのです。資金調達後は、様々な届出書類の作成や手続きがあり、ここでも税理士の役割は大きくなります。具体的には、商号の確認、定款の作成と認証手続き、出資金の払い込みに登記申請という流れです。このどの作業においても、専門の知識が重要となってきます。税理士に依頼することで、これらの作業は滞りなく進むのです。会社設立に向けて、税理士の果たす役割は大きいのです。


税理士と会社設立

何か自分でやりたいことがあり、それに関して会社設立を考えている人は少なくはありません。ただ、ひとつ言えるのは、会社設立に際して様々な届出書類や手続きが必要となり、それを個人一人で行うのは、まず無理だということです。では、会社設立は誰の力を借りればいいのでしょう。

会社の設立は法に沿って行われます。個人で行う際の大きな問題点はこの法律に関してまったく無知であるということなのです。すなわち、法に詳しい専門家、つまり税理士に依頼することが賢明な方法と言えるでしょう。会社を設立するには、まず事業計画書を作成しなければいけません。どのような業種であるか、また売上や利益予測など、詳しく記す必要があります。この事業計画書の作成から始まり、資金調達、商号確認、定款の作成に登記申請と、これらの手続きを税理士に任せることで、会社設立はスムーズに進むのです。

ただし、税理士もよい税理士を選ばなければいけません。よい税理士とは、サービス業としての意識を持っている税理士ということです。顧客目線での対応をしてくれる税理士を選ぶことで、会社設立後も長く付き合っていける関係が築けるのです。言葉遣いや態度、レスポンスなどに注意して、よい税理士を選んでください。また、会社設立後も税理士をつけることで、様々なトラブルを防ぐことができるのです。確定申告や消費税の払い込みなどつい忘れてしまったり、怠ってしまう作業も税理士に依頼しておけば、そんな不備はありません。このサイトは、会社設立の税理士の仕事について説明します。